メインイメージ

台湾中国語達人診断

あなたの中国語達人度を診断!

台湾中国語の上達を目指す皆さんは、日々の勉強を頑張っていると思います。

ここで、あなたが今の学習方法でどのくらい台湾中国語の達人になれるのか診断してみませんか?今の学習方法で本当に大丈夫なのか?もしかして、勉強方法を変えた方がいいんじゃないか?あなたの中国語の弱点が分かります。

動画レッスン

とっさの中国語を動画レッスンで

とっさの場面で中国語が出てきて、本当に中国語が使えるようになった、と言えます。

中国語を話せるようになるコツのひとつは「フレーズで覚える」ことです。とっさの中国語では、細かい文法は抜きです。動画レッスンでメロディのフレーズと発音を真似して、そのまま覚えてしまいましょうね。

見出し大2

1985年8月、台湾中南部の嘉義市で生まれる。とにかく語学と日本が大好きで、大学生の頃から日本語の勉強を少しずつ始め出す。主な日本語勉強の素材は日本のドラマ。それゆえに、たまに日本語が男言葉だったり、関東弁と関西弁が入り混じったりしていることがある。台湾国立成功大学外国語学部卒業後、台湾の中学校教職課程(英語)および中国語教育の専門課程を履修。両過程を修了後、日本で中国語講師を目指すべく、台湾国立清華大学大学院言語学部へ進み、本格的に言語の専門家の道を目指す。2009年には、アメリカのハーバード大学で開催された言語学会の台湾代表に選抜される。言語学の専門家として、台湾好きな日本人の皆さんのため、⇒詳細はこちらから。

見出し大1

台湾中国語を自分のものにするのは、英語などの他の外国語の勉強と同じように時間がかかるものです。残念ですが、「學習沒有捷徑(学問に近道は無し。)」というのはその通りで、台湾中国語の勉強でも短期間で急激に実力があがるような近道や魔法はありません。台湾中国語の勉強で実力をあげるには、毎日コツコツと少しずつ勉強していく以外ないのです。「一日で身に付く!」とか「短期間で驚異的に上達!」などの語学教室や教材の広告がある場合がありますが、私、メロディは言語学の専門家として、少なくとも私の研究範囲ではそのような事実は確認できていません。台湾中国語の勉強で上達させるには、私はやっぱり⇒詳細はこちらから。

最新のお知らせ

見出し大1

◆台湾でよく使う中国語表現「友達と台湾旅行に行くことになった。現地で困らないように少しは表現を覚えておきたい。」そんなときはこのメルマガが役立つことでしょう。中国語を上達させるひとつのコツは、とにかく様々な中国語表現をインプットしてフレーズで覚えてしまうことです。本メルマガではそんな「フレーズで覚える」ことができる表現満載でお届けします。◆中国語学習のコツ「最近中国語に伸び悩んでいる。なんとかならないものか。」本メルマガでは、そんな悩みを解決することができるでしょう。自身の英語学習、日本語学習経験から得た語学習得のコツと言語学研究の経験をもとに、メロディが皆さんの中国語のお悩みを解決します。⇒詳細はこちらから。

Copyright(c) 2018 メロディ台湾中国語教室 All Rights Reserved.